ザ・コシヒカリ特別栽培米

『富三郎』


二百余年続く大久保家の屋号「富三郎」を冠したザ・コシヒカリ。
それは美味しさと安全・安心の栽培方法に対する絶対の自信の証です。

美味しいお米が実るためには、元気に稲が育つことが大切です。
できるだけ手を入れず、寄り添うように、稲が本来持っている自然の力を最大限に引き出して、伸び伸びと育てたお米が「富三郎」です。

農薬の使用回数は3回だけ。新潟県の慣行栽培(通常の栽培方法)の19回や新潟県の特別栽培認証基準の9回よりもぐっと低い基準に抑えています。
肥料は、米ぬかや魚粉などを原料とした有機質の肥料を使用。
こうして、元気にすくすく育った「富三郎」は、まろやかなお米の甘みとモチモチ感が格別です。

八海山麓の豊富な雪解け水が一番に入る、特に上質の稲が育つ区画のお米を限定して収穫しました。

当農園が自信をもっておすすめする、最高級の特別栽培米コシヒカリ「富三郎」をぜひご堪能ください。

TH

ザ・コシヒカリ『富三郎』

新潟県認証特別栽培(減農薬・減化学肥料)
【農 薬】 約8減
【化学肥料】約7割減
【農薬使用状況】
5月中旬 田植え時に除草剤を同時散布
【節減対象農薬の使用状況】
・ベンゾビシクロン(除草剤)1回
・ピラゾスルフロンエチル(除草剤)1回
・フェントラザミト(除草剤)1回
販売ページはこちら>>


『こいみのり』


米作りに「恋」している私たちが、「鯉」の力を借りて実らせた、
農薬不使用・化学肥料不使用のザ・コシヒカリ「こいみのり」です。

「農薬も化学肥料も使わないで美味しいお米ができたなら…。」
そんなわたしたちの理想のお米づくりへの恋心を、鯉と一緒になって実らせたのが、「こいみのり」です。
田んぼに放流した鯉は、雑草を食べ、害虫を食べてくれます。そして絶えず泳ぎ回って土を攪拌(かくはん)してくれるので、稲の根に酸素や栄養分が十分に行き渡らせてくれます。だから農薬を使用することなく、籾殻や米ぬかを熟成させた有機質の自家製堆肥を効率良く吸収して、たくましい稲が育つのです。
こうして自然の恵みをいっぱい受けて力強く育った「こいみのり」は、歯ごたえも味もしっかりした天然の旨みを感じる逸品に仕上がるのです。
当農園こだわりの農薬不使用・化学肥料不使用米「こいのみのり」。是非ご賞味ください。

KH

ザ・コシヒカリ『こいみのり』

鯉農法
【農 薬】 不使用
【化学肥料】不使用

販売ページはこちら>>

 

 

 


『大久保』


孫も食べる『当たり前のコシヒカリ』。毎日食べてもらいたい、安全で美味しい特別栽培米です。

「大久保」は、わたしたちが普段食べているお米です。だからこそ、安全・安心、そして美味しさに徹底してこだわり、育てました。
栽培方法は最高級特別栽培米コシヒカリ「富三郎」と全く同じなので、稲の元気さが満ち溢れた瑞々しい美味しさが口いっぱいにひろがります。

お求めやすい普段使いのお米として、南魚沼産特別栽培米コシヒカリ「大久保」を是非ご賞味下さい。

OH

当たり前のコシヒカリ『大久保』

新潟県認証特別栽培(減農薬・減化学肥料)
【農 薬】 約8減
【化学肥料】約7割減
【農薬使用状況】
5月中旬 田植え時に除草剤を同時散布
【節減対象農薬の使用状況】
・ベンゾビシクロン(除草剤)1回
・ピラゾスルフロンエチル(除草剤)1回
・フェントラザミト(除草剤)1回
販売ページはこちら>>


Share on Facebook1Tweet about this on TwitterShare on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone