「現代農業4月号」に掲載されました

2月20日に現代農業さんから取材を受けました、当農園の育苗方法が、早速製本になって届きました。「現代農業4月号」です。

今回紹介されたのは「露地プール育苗」というものです。田んぼに底の浅いプールを作って水を貼り、そこに発芽した種籾(たねもみ)と床土(しょうど)入った苗箱を並べ、その上から「ワリフ」という目の粗い半透明のシートを貼り、さらに「ラブシート」という黒いシートで覆った中で苗を育てる農法です。
一般的に育苗はその生育状況をコントロールしやすいハウスで行われることが多いのですが、当農園では、強くて元気な苗を育てるためにこの「露地プール育苗」をしています。最初は試行錯誤でしたが、何年も続けているうちにそのコツが掴めて、元気な苗を育てることができるようになりました。
農業者のバイブルである現代農業に自分の育苗方法が掲載されたのは何よりの喜びです。しかし、これに満足せず、さらなる農法の進化に向けて頑張って行きます!
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone